耕すシェフ紹介

耕すシェフ


耕すシェフ(スタッフ)

香夢里のスタッフの中心は、料理人としての起業を目指して全国から集まった「耕すシェフ」です。

島根県邑南町では、国の「地域おこし協力隊」制度を活用し、料理人として起業を目指すシェフを全国から受け入れています。

調理製菓専門学校の卒業生や飲食経験者をはじめ、新たに料理人の道を選んだ方など、料理分野での起業を目指す方が想いを持って研修を受けています。


A級グルメを継承するシェフを育てる


良い食材と食文化という宝があっても、それを理解し、調理できる料理人がいなければ宝の価値は消えていきます。
島根県邑南町では、町の財産である食と農業の「担い手」を育てる施策として、国の「地域おこし協力隊」制度を活用し料理人として起業を目指すシェフを全国から受け入れています。

香夢里を運営する一般社団法人地域商社ビレッジプライド邑南が中心となって「耕すシェフ」研修制度を実施しています。
研修では、プロのシェフから料理を学ぶだけでなく、農産物の栽培や加工品、サービスまで幅広く学び、香夢里をはじめとした飲食店で研修を行います。
研修期間は、最長3年間で研修期間中は報償金がでるため安心して学ぶことができます。

平成23年から始まった「耕すシェフ」研修制度。修了生の起業がどんどん増えています。



里山のからだにやさしい邑南食材レストラン 香夢里
タイトルとURLをコピーしました